Question

ホテルでパーティーを開催してご祝儀を頂きました。この場合、ホテルに支払ったパーティー開催費用が交際費等の額となるのでしょうか。
それともホテルに支払ったパーティー開催費用からご祝儀を控除した金額になるのでしょうか。

Answer

(1)結論

ご質問のケースですと、ホテルに支払ったパーティー開催費用が交際費等の金額となります。

(2)理由

租税特別措置法において、交際費等は、交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為(以下「接待等」という。)のために支出するもの(一定の費用を除く。)をいうとされています。
この様に、交際費等とは接待等のために支出する金額をいうこととされています。
また、そのご祝儀は任意で支払われるものであり、支払いを強制されているものではありません。
以上のことから、その開催したパーティーにおいて受領するご祝儀については、雑収入等に計上を行い単純に益金の額に算入されることとなります。
また、交際費等の損金不算入の計算をする際にご祝儀は、パーティー開催費用と相殺することはできず、支出したパーティー開催費用の全額が交際費等として損金不算入の金額を計算します。

(3)会費制である場合の取扱い

今回のケースはご祝儀であることから、交際費の計算上、パーティー開催費用と相殺することができないという結論になります。
しかし、これが会費制である場合には、パーティーに参加するためにその支払いが必要であり強制されるものになります。
支払いを強制されていることから、交際費の一部について参加者に負担を求めることとなります。
そのため、交際費等の損金不算入の計算をする際に会費はパーティー開催費用と相殺することができ、支出したパーティー開催費用から会費を控除した金額について交際費等として損金不算入の金額を計算することとなります。

<交際費の金額>
 ①ご祝儀の場合
  パーティー開催費用 300万円
  ご祝儀       100万円
  この場合、パーティー開催費用の300万円が交際費等に該当する。

 ②会費制の場合
  パーティー開催費用 300万円
  会費        100万円
  この場合、パーティー開催費用の300万円から会費100万円を控除した残額200万円が交際費に該当する。

なお、税務調査等において議論になる可能性があることから、会費制である旨を招待状、パンフレット等にを行っておくこと、会費を支払った者に対して領収書の交付を行っておきましょう。

【参考法令等】

租税特別措置法61条の4④

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加